スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編そのにっ!

ヌヌザック博士
「さて、困ったことになりましたぞ」

ミカン
「あー、ついにクビですか?」

ヌヌザック博士
「え?」

ミカン
「えっ?」

ヌヌザック博士
「いや、ちょっと待ってくださいよミカンたん。なんで吾輩が解雇とか想像しちゃいました?」

ミカン
「えっ? だって、博士っていつも仕事してないじゃないですか」

ヌヌザック博士
「えっ?」

ミカン
「えっ?」

ヌヌザック博士
「……吾輩、こう見えてもかなり仕事こなしてると思うんですけれど」

ミカン
「? いっつもにんまりして私のお尻みてるじゃないですか。ただのHENTAI以外の何ものでもないですよ?」

ヌヌザック博士
「失敬なっ! 女子高生の臀部など凝視観察観測測量したところで何の意味が? 宇宙の秘密がわかり、真実の女神がほほ笑むとでも?」

ミカン
「どうなんですか?」

ヌヌザック博士
「……キュートなお尻は、真実の女神よりも美しいと思いますな」

ミカン
「ほら、やっぱり博士は仕事してないじゃないですかーっ! 死ねっ!」

ヌヌザック博士
「ああっ! もっと罵って!」

ミカン
「(うわぁ……)」

ヌヌザック博士
「その、電子顕微鏡で陰毛を観測してしまったみたいな目、ぞくぞくしますなぁ」

ミカン
「……で、困ったことってなんですか? 私、絶対コスプレとかしませんからね」

ヌヌザック博士
「おお、そうだったそうだった。吾輩、困っておるんでしたな」

ミカン
「忘れる程度なら、大したことない話なんでしょ?」

ヌヌザック博士
「あー、えっと、そうだ、そうでした。研究所の引っ越しが決まりましてな。今は博物館の地下なんか借りてましたが、もっと大規模なペーパームーン王立大学に移転しますよっと」

ミカン
「へー。じゃ、引っ越し業者さんの問題じゃないですか。私になんの関係があるんです?」

ヌヌザック博士
「ほら、いまミカンたんが住んでる寮あるでしょ? そこも引っ越すってことで困ってるわけです」

ミカン
「困るようなことですか? 博士がまた新しいとこ手配してくださるんですよね?」

ヌヌザック博士
「それはそれは当然ですぞ。吾輩のカワイイ助手ですからな。で、困っているのはこれです」

 博士はミカンの端末に部屋の間取り図を送った。

ミカン
「……なんです? これ」

ヌヌザック博士
「いやー、一緒に住もうかと思って、つい広い部屋の見積もりをとったという吾輩の親心的な……はうっ!」

ミカン
「――マジありえないんですけど」

ヌヌザック博士
「いやいや、なに? そのハンドガンどうしたの? ミカンたんみたいなカワイイ女子高生がもってたら捕まるよ? 逮捕されてあんなことやこんなことされて……だ が 、 そ れ が い い っ!!」

ミカン
 黙って引き金を絞る。

ヌヌザック博士
「ゴポォッ……! ちょっとミカンたんっ! 鬼畜道3段、HENTAI道5段の吾輩じゃなきゃ死んでますよ? それモノホンじゃないっすかっ!」

ミカン
「おかしいな。出力最大にしたいのに、リミッターが解除できないんです」

ヌヌザック博士
「そりゃ、さすがに横流し品とはいえ、ガチな兵装を流しちゃったら船団もおしまい。法務省がちゃんと目を光らせておるわけですな。さすが吾輩、政治にも詳しい……」

ミカン
「あ、解除できましたっ!」

ヌヌザック博士
「よかったじゃないですか……って、え? え? なんで? それさすがに吾輩死んじゃうよ? 死んでいいの?」

ミカン
「死にたくなかったら、言うこと聞いてくださいっ。えっと、まず死んでくださいっ!」

ヌヌザック博士
「ほいキタッ! って、言ってること分かってます?」

ミカン
「はいっ!」

ヌヌザック博士
「イイッ! そのマジ、クソ虫は死ねって感じの目、ほんとイイッ!」

ミカン
「で、どうするんです博士? 死にます? それとも私に殺されます?」

ヌヌザック博士
「……もちろん、キミのためなら死にますし、キミに殺されてもいい。吾輩は本気でそう思っているんですな。だって、最近のミカンは、あまりにも辛そうで、寂しそうだった。馴染めない世界、溶け込めない時代の中で、一人で生きていくことの切なさをその年で受け止めているのだと思うと、吾輩はいてもたってもいられない」

ミカン
「……」

ヌヌザック博士
「吾輩が死んで、ミカンが笑ってくれるなら喜んで死んでいい。喪われてしまった、あるべき時間を吾輩が取り戻してあげられたらと、毎日考えて、それでもふがいない吾輩はその『論理』を見つけ出せない。今日も量子フォトン学者どもと話しましたが、理論的に過去改変が困難であることで終わってしまいました」

ミカン
「博士……」

ヌヌザック博士
「存在可能性についての因果律に影響を及ぼし、ある可能性へとジャンプさせる、いわば情報を入れ替えることによって過去と未来を行き来させる手段を考えていますが、それは世界線が変わるのか、それともある多次元宇宙の分岐線の『観測者』になるだけなのか、やはり問題は山積しておるのです」

ミカン
「そこまで、私のことを……」

ヌヌザック博士
「ふっ……」

ミカン
「で、死んでくれないんですか?」

ヌヌザック博士
「えっ?」

ミカン
「えっ?」

ヌヌザック博士
「いやいや、今の話の流れだと、ほら、ミカンたんが『博士っ!』とかなんとかいって、吾輩の懐に飛び込んでくるパターンでしょ? 絶対、別の分岐宇宙だったら吾輩の懐にミカンたんの顔がうずまってるはずっ! おかしいっ! この宇宙はおかしいですぞっ?」

ミカン
「なーにわけわかんないこと言ってるんですか。私のためなら死んでもいいんなら死んでくださいよ」

ヌヌザック博士
「いや、さすがにちょっと上司としても吾輩、堪忍袋の緒がですな……」

ミカン
「……」

ヌヌザック博士
「え? あれ? なんで銃降ろしちゃいました?」

ミカン
「……ウソつき」

 ミカンは、うつむいた。

ヌヌザック博士
「( マ ズ イ ! )」

ミカン
「……うぅ……ぐすっ……」

ヌヌザック博士
「(えっ! えぇっ!?)」

ミカン
「……結局博士も……私のために死んだりなんかして……くれるわけ……ない……」

ヌヌザック博士
「わ、吾輩は……」

ミカン
「だって、博士は私のお父さんや、お母さんじゃないもん……」

 そのままミカンは博士に背を向けて、椅子に座ってうなだれた。

ミカン
「……こんなにつらいなら、心なんていらないのにっ」

ヌヌザック博士
「(父母の愛、か。強がっていてもやはり、愛されたいし、守ってもらえると無垢に信じていたい年頃なのだろうな。独り立ちしたいと思うくらいに心がマセてきても、それでも寄りかかる柱と、冷たい世界から守ってもらえる温かみを求める。吾輩は、この娘の父や母のように振る舞う覚悟が足りないから、こんな軽薄な態度でごまかし続けるんだろう。なにが天才だ。涙ひとつとめる方法をしらぬではないか)」

 ミカンの震える背を見ていたヌヌザック博士は、いつもの『うそつきが手をかまれる石像』から、本来の博士自身の姿へと戻った。
 そして、彼女の震える肩にやさしく手を置く。

ミカン
「……え?」

ヌヌザック博士
「心を亡くしたら、何もかも透明に見えてしまうぞ。それでは吾輩と同じになる」

ミカン
「きゃーっ! 近づくなHENTAIっ!」

ヌヌザック
「ふべろぉっ!?」

 ミカンのフルびんたが、ヌヌザックの頬に決まった。

ミカン
「誰ですか? どこのヘンタイさんですか? 服も着ずに研究室に来るなんて非常識ですっ!」

ヌヌザック博士
「す、すいませんっ! 部屋を間違えましたっ!(いかんっ! 思わず言い訳がっ!)」

ミカン
「博士っ! 不審者ですっ! かくれんぼしてないで捕まえるの協力してくださいっ!」

ヌヌザック博士
「さらばだっ! ふぅはっはっは!」

 結局ヌヌザック博士は全力で研究室を飛び出し、廊下の中を駆け抜けていった。

ミカン
「……まったくもうっ! どうして私の周りにはヘンな人しかでてこないんだろう。博士のバカだって、女の子が泣いてるんだから、やさしくしてくれてもいいのに。気が利かないヤツ」

 

 ――1時間ほどのち、ヌヌザック博士は不動産屋から新たな見積もりをもらって戻ってきた。
 あら、お帰りなさい博士、とミカンが何事もなかったかのようにいうので、「ただいま」答えておく。
「部屋を分けることにしましてな」
「あたりまえです。いいですか、セクハラというのはですね――」
 2時間ほどミカンの説教を受けながら、博士は必ずこの娘を返す方法を見つけねばと、天才頭脳を灼熱させた。

 ミカンは説教を終えて満足したのか、博士に『地球歴時代』の音楽を聴こうと言った。
 博士はもちろん、イエス、と答える。
 少しでも、ミカンの寂しさを紛らわせるならば、なんだってするのが博士だから。






スポンサーサイト

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

YABUSAME

Author:YABUSAME
PSO2をプレイして、結構たちましたねぇ。
SEGAさんの公式サポーターになって随分たちました。

さて、ここにはテキストコンテンツしかありません。
華やかな画像やSS、イラストとは無縁ですのでご了承ください。
ななめ読みとかして楽しんで頂ければと思います。





PSO2_200x200_応援バナー01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。