スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタシースター計画23


 いつの時代もそうだけど、人類史ってのは持ってるやつが持ってないやつから奪う構造を変えていない。

「ヒマワリさん、お金返してくださいっ」

 ミカンのやつが、例のセーラー服だかを着て、アタシの部屋で借金取りになってやがる。
 どうやら、家賃の支払期限が近いらしい。そして、アタシはこの前、ミカンと飲みに行って、金を借りちまった。
 たまたまあの時、市場でいろいろ装備を買い付けていたら、金がなくなっちまってたんだ。
 それでいて、あの日は持ち合わせがないのに飲みに行っちまった。

「ああ、わりぃ。いくらだっけ?」

 すると、ミカンが領収証をずいっと差し出してきた。
 なるほど。
 博士のとこで働いてるミカンにとって、結構痛い出費だったみたいだ。

「あいよ。これでどう?」
「あ、振り込まれました。すごいですねぇ、コレだけのお金をポンって返せるなんて」

 ミカンは素直に感心してるらしい。
 さすがに飲み代を払えないARKSは仕事をしていないやつくらいだろうと、アタシは思うけど。

「ところで、パステルさんはどちらですか?」

 ミカンは魔女っ子の部屋を覗き込んで、不在を確認した。
 アタシらの借りてる部屋は、三部屋ある。
 玄関入ったら、すぐ居間兼ホームバーとなっている。バーカウンターを調達して、アタシや魔女っ子のお気に入りの酒を飾ってるわけ。
 魔女っ子のヤツは甘い梅酒だとか、果実酒を。アタシはワインとウィスキーさ。
 
 で、日当たりがよくて、ベッドと武器整備のための道具の入ったロッカーしかないほうがアタシの部屋。
 最近、近所に新しいマンションが出来て日当たりが悪くなった部屋が、魔女っ子の部屋だ。
 ヤツの部屋はよくわからん宗教上の秘密道具であふれているから、得体の知れない黒魔術的雰囲気になってる。
 そして、そこの主は本日不在だ。

「ああ、魔女っ子は教団の集会に行ってる」
「たしか、空とぶスパゲッティモンスター教団でしたっけ? 信仰のある人って、忙しいんですね」
「心の平安ってやつがあるから、いいんじゃないのか? アタシみたいに武器いじって心落ち着かせるよりも、よっぽどメンタルヘルス的にはいいだろ」

 たしかに、とミカンがうなずく。
 まぁ。ミカンのヤツも信仰を持ってないらしいから、何らかの形で心の問題を処理する方法を見つける必要があるだろう。
 
「ミカンはどうやって、心の問題を片付けてるんだ? いや、プライベートなことだから、答えなくてもいいんだけどな」
「え、あたしですか?」

 しばらく、ミカンのヤツは考え込んだ。
 そして、ポンッと手を鳴らた。

「たぶん、博士を撃つこと……」
「あ? なんだって?」
「あ、いえ、なんでもありません。たぶん、ヒマワリさんとかパステルさんと美味しいもの食べに行くことかなぁ」
「なるほどねぇ」

 確かに、旨い飯を食えりゃ、気分は最高だな。
 いや、むしろ気分がいいから飯が旨いのか? よくわかんないが。
 

 ミカンが帰った後、ビジフォンをチェックすると、ARKSの事務局から呼び出しの通知がきていた。
 緊急呼び出しってヤツではないけれども、放置しておいていい種類のもんではない。
 
(事務局の呼び出しって、大体、ろくな仕事じゃないんだよな)

 標準的な仕事なら、ARKSカウンターに掲載される。
 そこに載せられない仕事は、大体事務局呼び出しだ。
 そういう仕事が回ってくるようになったってコトは、ARKSとして口が堅く、手堅い仕事をするってコトが証明されつつある証拠でもある。
 だけど、ヘマをやらかしたらARKS生命は終わったといっていい。
 ま、普通はやらかしたら死ぬだけだけどな。

――ヒマワリ、きこえる?

 アタシの通信イヤリングに、魔女っ子からの通信が入った。耳骨を振るわせる不健康なシステムは、秘匿性が高いことからARKS標準装備になってる。

「ああ、聞こえるぜ。なんか用か?」
「事務局から呼び出しがあった」
「呼び出し部屋は?」

 魔女っ子が告げた呼び出し部屋の番号は、アタシと同室だった。
 つまり、同じ仕事を任されるってわけだ。

「オーケー、現地で落ち合おう」
「おねがいがあるの」
「あん?」
「コーヒーセット、忘れないで」

 まぁ、たぶんまた宗教的理由なんだろう。
 アタシは了解、といって通信を切った。
 そして、キッチンから魔女っ子愛用のコーヒーセットを引っ張り出して、適当な袋に入れて持っていくことにした。


 応接室に行くと、魔女っ子が妙な連中と雑談してやがった。
 ノーマルなコミュニケーションとれてるか心配になったが、心配して損した。

「――このように、惑星モトゥブの地質と、浮遊大陸の地質は土中の無機物の組成が近似していましてね」
「土中細菌や、微生物の生態は?」
「そこが微妙に違うのですよ。おそらく、保水力と何らかの関係がると私どもは考えておりまして――」

 つまり、同族同士のサイエンスとかいう共通語を用いた、コミュ力の有無に関わらず意思疎通が出来る素敵な会話をしていた。

「お久しぶりね、ご機嫌いかが?」

 アタシに話しかけてきたのは、暇そうにミルクティーを飲んでいた女キャストだった。
 そんな有機生命体の真似事して大丈夫なのか?

「ああ、確かあんた、任務達成率100%の――失礼、名前を失念した」
「アルザス=ロレーヌですわ。このたびご一緒させていただくことになりましてよ」

 ご一緒といわれても、アタシはどこに何しに行くのかすらまだ知らされていない。
 それにしても、アルザス姉さんは相変わらず、金髪のロイヤルガールだった。
 こっちが年食っていく中で、時間が止まってるみたいなのが、キャストって種族の特徴だよな。

「いや、まだ任務受け取りすら終わってないんだけど」
「あらあら。そのようなことどうでもよくてよ。どうせ拒否権はないのですから」

 済ました顔でアルザス姉さんが言った。
 一応、任務達成率100%とかいうのは驚異的だから、敬意を持って姉さんとつけておく。

「で、あの魔女っ子とサイエンス会話してる連中は?」
「あちらは、ARKSの惑星開発研究所の方々ですわ」

 なるほどね。通りでみなさん、賢そうなニューマンばっかりで構成されていらっしゃるわけだ。
 一応、ARKSってことだから、戦闘も出来るんだろう。
 ただ、どいつもこいつも体を鍛えてるってかんじじゃない。
 たぶん、フォースだろう。

――皆さん、おそろいですね。早速ブリーフィングを始めます。

 事務局のねーちゃんが、入室するや否や、さっさと議事進行を始めやがった。
 アタシは適当に壁に背を預けて、腕を組む。
 他の連中は椅子に座ったり、ソファのほうに腰掛けるとか好き勝手してる。
 ただし、全員ちゃんと情報端末は取り出して持っている。

「さて、皆さんをここに呼び立てた目的について説明いたします――
 目的は単純明快。護衛対象を一定期間護衛するだけでございます。
 問題は、その一定期間というのがこちらの都合により少々長いのです。
 通常のARKS任務での護衛はどんなに長くても1時間に限定されております。
 ですが、本件は一ヶ月間、対象を守り抜いてもらいます。しかも、惑星上で」

 アタシは端末に送られてきた資料に目を通す。
 一ヶ月の長期任務なんて初めてだ。しかも惑星上でそこまで長期間活動するとしたら、かなりのバックアップが必要になる。
 で、そのバックアップは誰がやってくれるのかな、と資料をスライドする。

 ない。

 どれだけ探っても、バックアップがどんな連中なのか分からない。

「おい、ちょっと質問させてくれ」
「どうぞ」
「アタシの見たところ、バックアップ連中が見当たらないんだが。誰がアタシらに水だの食料だのを届けるんだ?」
「兵站面については、あきらめてください」

 アタシは言ってることの意味が分からなかった。
 あきらめろ?
 補給を絶たれたら、どんな精鋭だろうが行動不能だって。
 正規軍の連中は戦闘正面部隊と支援部隊の比率は6:4もあるんだってキァハ准将も言ってたんだぜ?
 キャストでそういう比率だとしたら、有機体が活動するにはもっと支援ってのが必要なんだぞ。

「本件は、多数の組織の複雑な利害関係が絡み合っておりますので、関与者を極めて限定して行わざるを得ません」

 だからこの人数だってのか?
 そんなヤバイ仕事は、お強いことで名高い六芒均衡だかなんとかいう偉い人たちで勝手にやってくれよ。

「作戦地域は、惑星ナベリウスの『凍土』と呼ばれる地域です。あらゆる状況を考えて、こちらが選定させていただきました」

 ……限界状況じゃねぇかっ!
 極寒の地で護衛任務を一ヶ月だぁ?
 降りた方がいいってアタシの本能がビンビン警戒しろっていってるんですけど。

「これから12時間後に、ポータルから専用ドックにパスできます。出発そのものは72時間後。それまでに所要の準備を済ませ、任務を完遂できる環境を構築してください」

 今度は、アルザス姉さんが発言を求め、許可された。

「居住施設についてはどうなってますの? わたくし、雪洞で一ヶ月暮らせるほどには頑丈でなくてよ」
「その点はご心配なく。放棄された第一次殖民探査計画の宿営基地を使用します」

 おいおい。そんな古くさい施設、ちゃんと使えんのか?
 アタシは心配で仕方ないよ。

「では、護衛対象を紹介します。披検体0008です」

 映像資料は、アタシの女としての本能が激怒するものだった。

 デカイ試験管に入った、赤ん坊。
 いたいけなベイビーが、生きてるのか死んでるのか分からないまま、機械的に保存されていた。


「胸くそ悪いぜ」

 アタシはなじみのネオ・ウォルマートストアの店内で、魔女っ子にぼやいた。
 秘密保全ってのがあるから、任務内容についてはお互い語らない。
 ただ、感想を述べるだけだ。

「わたしも同感。神の差配に反する」

 ほらな。信仰もちなら、ああいうのは許せないはずなんだよ。
 でも、アルザス姉さんは顔色一つ変えず、「難しい仕事ですこと」とか言ってやがった。
 研究所の連中はいかなる機材が必要かをぶつくさ相談してたから、あいつらは人間の命なんざ研究対象としか思ってないんだろうな。

「ま、文句言っても気が楽になるわけじゃない。で、一か月分も何を買い込めばいいんだ?」
「ORACLEアーカイブに、そういうデータがあった」

 魔女っ子がちらりと、所要の装備品リストを見せてくれた。
 なるほど。人が一ヶ月凍土で暮らすには、こんなにエネルギーが必要なのか。
 普通の生活じゃ、体重が二倍になっちまうぜ。

「とりあえず、食い物と、防寒対策、サバイバルキット持って行けばいいのか?」
「あとは娯楽」
「娯楽?」
「そう。人間は本来的に娯楽を好むから」

 んなこと言われたって、アタシは趣味なんてないぞ。
 体鍛えることくらいか?

「あ、ファンタジー小説でもダウンロードしてくか」
「非生産的」

 魔女っ子がくすりとアタシの趣味を笑う。

「うるせー」

 小難しい話なんかより、断然ファンタジーだって。いちいち科学用語ならべるSFは最低だね、最低。頭が痛くなっちまう。

「わたし、ちょっとヌードル買ってくる」
「あいよ。一ヶ月間困らない量を買っとけよ」
「うん」

 魔女っ子はさっさと麺製品売り場に行っちまった。
 アタシのほうは、とりあえず緊急時の備えて、完全栄養食『カロリーメイト(豪)』を買い込んでおく。
 こいつは優れもので、一本1000キロカロリーで四本入り。
 驚異的なカロリーはダイエットの天敵だが、船団市民避難要領によると、緊急事態用に定量備蓄が推薦される代物なので、こういう大手の店には大体おいてある。
 なんだかんだでココは船の中なんだ。
 だとしたら、救命艇にのって宇宙空間をさまようハメになるときに備えて、こういうもんを備蓄しとこうって考えるのがむしろ当然と言える。
 だが、まさか任務としてコレを携帯する日が来るとは思わなかった。
 まぁ、生鮮食品やレトルトも買い込むから、これはそんなたくさんいらないか?
 適当に棚に並んでるだけ買い物かごに放り込んでおく。
 さて、あとは野菜やら肉だな。
 それに炭水化物。とりあえずこういうときは米袋を買っとけば何とかなるだろう。
 水と電気が必要だが、パンを焼くよりは効率がいい。

 とりあえず生鮮食品はカゴに入るレベルじゃなかったので、店員を呼んで自宅にトラック発注した。
 明日には届くだろう、とのこと。
 なお、魔女っ子のヌードルもトラック配送らしい。
 あとは、自宅でレンタカーのトラックに置き換えて、シャトルシップまで運べばいいか。
 トラック……あ、そうか。
 凍土で活動するなら、移動用の車両は必須だ。
 ありがたいことに本作戦予算はアタシが三回生きても使い切れない予算がついてるらしいから、好きなだけ買い込ませてもらう。
 明日は車両調達に行こう。即日納車系のディーラーで現金一括買いってのは、一度やってみたかったことでもある。
 ついでに武器も限界までカスタマイズしておこう。ドゥドゥにいくら貢いでも、所詮はARKSの帳簿上のからくりにしか過ぎないのだから。


 アタシと魔女っ子は、輸送機に積み込まれる大量の資材を眺めながら、買いそびれたものはないかと相談していた。
 やっぱり、最高級ベッドくらい買ってもよかったのではないかなどと、くだらない話を真剣にしていた。
 一生買えなさそうなものをいろいろ買ってしまった。
 他人の金だと思うと、遠慮なく使ってしまう本性に、アタシたちは本気で戦慄したもんだ。
 ま、実務的に必要な装備は全部購入済み。
 防寒フィールドシステムも更新したから、凍土でもまぁ、今の格好で活動できるだろう。
 ただ、これが壊れるという不安をごまかすため、魔女っ子に言われるまま、古くさい古典的な防寒着も買い込んでおいた。
 その防寒着が結構めずらしいものだったので、アタシと魔女っ子はそれを着込んでいる。
 普通に着ると、結構暑い。
 魔女っ子いわく、エスキモーなる古典的民族が装備していた服らしい。

「もこもこー」
「ああ、確かにもこもこだな」

 魔女っ子がもこもこー、とかふわふわーとかいってるのを横目に、アタシは作業が滞りなく進んでいるかを見守る。

「あら、装甲車があるのに、万能モトラッドも載せるの?」

 積み込みの荷物を確認していたベテラン、アルザス姉さんが一仕事終えて話しかけてきた。

「偵察とかに使えるから、便利じゃん」

 そうアタシは答えておく。本当は趣味と実益を兼ねました。

「そういうものですの? わたくし、二輪には詳しくなくて」
「ま、そういうもんってことで」

 任務終了後には、報酬代わりに頂きたいという腹積もりもある。
 アタシって結構、物欲の塊だと、分かった。

「研究所のチームも別機に資材を搬入中。あと一時間もすれば出発できてよ」
「ところで、この作戦のリーダーって誰なんだ?」
「資料をご覧になりましたの? わたくしですわ」

 アタシはあわてて資料を確認する。
 たしかに、リーダーはアルザス姉さんになってた。なお、副リーダーは研究チームの兄ちゃんらしい。
 おかげで、意味不明な責任を背負わされずに済む。

「あら、積み込みは終わったみたいね」

 全自動搬入機たちは、勝手に次の仕事に向かって移動していた。
 例の、赤箱、緑箱なんかに荷物を入れて、ICタグを貼っとけば、資材なんて勝手に搬入される。
 オートメーションここに極まれりってやつだな。

「いよいよですわね。準備は万全。これで失敗したら恥ですわ」

 おっしゃるとおりで。
 コレで失敗したら、アタシがせっかく買った万能モトラッドを手に入れるチャンスを逃しちまうじゃねぇか。
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

YABUSAME

Author:YABUSAME
PSO2をプレイして、結構たちましたねぇ。
SEGAさんの公式サポーターになって随分たちました。

さて、ここにはテキストコンテンツしかありません。
華やかな画像やSS、イラストとは無縁ですのでご了承ください。
ななめ読みとかして楽しんで頂ければと思います。





PSO2_200x200_応援バナー01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。